コールセンターで働く

コールセンターで働くと言っても、仕事内容は会社によって様々な種類があります。基本的な内容は、お客さんへの電話対応を専門に行っている部署になります。企業によってはアウトソーシングで外部委託していることも多く、その委託業者の求人も沢山あります。仕事内容としては、電話を受信する「インバウンド」電話を発信する「アウトバウンド」の大きく2パターンがあります。インバウンドでは、お客さんの製品・サービスの注文、相談やお問合わせの対応が主な仕事であり、アウトバウンドでは、新商品の案内、アンケートや市場調査が主な仕事になります。

コールセンターの運営業者は、そのほとんどが研修制度マニュアル完備されていて、初心者の方でも安心して始めることができるような環境になっています。コールセンターの仕事に向いている人の特徴として、人と話すことが好きだという人、明るく活発に対応できる人、相手の意見や希望を電話を通して汲み取ることができる人、的確に相手の意向を察することができる人等が挙げられます。
まずコールセンター研修では印象アップの為にも基本となる挨拶などは元気にハキハキとできるようにしておきましょう。コミュニケーションスキルを活かしたいという方、コミュニケーションスキルを伸ばしたいという方に大変お勧めの職業と言えるでしょう。